誠安天然石専門店【本店】で取り扱った アンバー(琥珀) についてアーカイブとしてまとめました。

アンバー(琥珀)


《《《スタッフのつぶやき》》》
〜アンバー/琥珀〜

スタッフの鈴木です!
アンバーは和名の琥珀でも有名な石です。とはいえ、正確には石ではなく、天然樹脂の化石になります。
よく、虫や木の葉が入った琥珀を博物館などでも見ることができますよね。
アンバーは樹脂で化石ですが、鉱物ほどの硬度があり、宝飾品としても人気です。
ただし、鉱物の硬度としてはそれほど強くありませんので、取扱いには注意が必要です。

琥珀色・アンバーという色があるように、黄色を帯びたあめ色のものが多く存在しています。
同じあめ色でも、グリーンやイエロー、チェリーやコニャックなど色味+アンバーの名前で販売されることもあります。
また、非常に希少なブルーアンバーは、普段は通常の琥珀と似た色合いをしていますが、太陽の光にかざすと青く幻想的な輝きを見せます。

基本的に天然のアンバーは非常に高級ですが、天然のアンバーを使用しプレス加工したものは比較的安く手に入れることができます。
色合いが落ち着いていて、大人の魅力溢れる石です。

アンバーには緊張をほぐしリラックスさせる効果があるといわれています。
心身の悪いエネルギーや余分なエネルギーを取り除き、エネルギー循環をよくすることですっきりとした気分になれるそうです。
これらは自分の持つ力をはっきするのにとても大切なこと。受験やコンテストなどのお守にもオススメです♪




↓↓ 当店の販売中 アンバー(琥珀) 商品一覧をじっくりご覧下さい! ↓↓
https://crystal-seian.co.jp/SHOP/111525/111678/list.html



以下は当店で販売した商品です。
現在販売ページに掲載の無い商品も在庫・お取り寄せの確認を致します。
該当商品のURLを添えてお気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせフォーム
https://cart6.shopserve.jp/seian.we/FORM/contact.cgi


商品素材背面より【竜】・【観音】を彫り込んだ「ペンダント」「印材」「六角柱」に関しましては弊社取得の意匠登録商品となります。
同一・類似デザイン商品の開発・販売・無断使用につきましては意匠侵害行為となり、固くお断りいたします。
万が一同様の製品を弊社に無断で販売した場合には、意匠権侵害となり罪に問われますのでご注意下さい。
なお、事前ご相談いただきましたらライセンス供与も検討いたしますのでご遠慮なくご連絡ください。
また商標(誠安)、ロゴにつきましても商標登録により保護されています。無断で使用されますことはくれぐれもご遠慮下さい。

※意匠権の侵害につきまして※
意匠法第六九条により、意匠権または専用実施権を侵害した場合は十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金が科せられます。


  • 【意匠に係る物品】置物(観音)
    【登録番号】意匠登録第1372317号【意匠に係る物品の説明】水晶六角柱に背面より立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】ペンダント(観音)
    【登録番号】意匠登録第1366147号【意匠に係る物品の説明】水晶ペンダントに背面より立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】中彫り観音菩薩印材
    【登録番号】意匠登録第1364176号【意匠に係る物品の説明】印鑑の水晶印材の円周側面に背面から立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】置物(竜六角柱)
    【登録番号】意匠登録第1363895号【意匠に係る物品の説明】水晶六角柱に背面より立体的に昇竜の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】ペンダント(竜)
    【登録番号】意匠登録第1364162号【意匠に係る物品の説明】水晶ペンダントに背面より立体的に昇竜の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】印材(竜)
    【登録番号】意匠登録第1362480号【意匠に係る物品の説明】印鑑の水晶印材の円周側面に正面から立体的に昇竜の図柄を彫り込んだものである。
  • いずれの登録商品についても全て弊社の取得した権利となります。
    【創作者】高橋 誠
    【意匠権者】誠安株式会社