誠安天然石専門店【本店】で取り扱った エメラルド(翠玉) についてアーカイブとしてまとめました。

エメラルド(翠玉)


【エメラルド(翠玉)】
柔らかさと爽やかさを兼ね備えた、美しい緑の石です。ベリル(緑柱石)の一種となります。古来は紀元前4000年前のバビロニアで使用されていた歴史を持つ石で、今も多くの人々に愛用され続けています。
世界四大宝石の一つとして有名なエメラルドは、叡智の象徴とされてきました。古代エジプトではクレオパトラもこの石を愛してやまなかったと伝えられています。幸運や幸福を呼び込む石とされ、危機を乗り越え成功できるように導いてくれるとされています。
また、エメラルドは愛の力がとても強く、恋愛にも効果があるとされ、恋を成就させて幸せな結婚へ導くとされています。愛情あふれる関係をもたらすとされていますので、恋愛のみならず対人関係を良くしたい場合にはお守りとしてもいいでしょう。

【ワンポイント情報】
ヒーリング効果、眼病、心臓や胃の強化。以上の効果があるとされています。


《《《スタッフのつぶやき》》》
〜エメラルド〜

スタッフの鈴木です。
憧れの宝石エメラルド!世界四大宝石の一つです♪
当然ながら内部にキズが少なく、濃く明るい緑色をしたものが高品質とされています。
しかし、エメラルドは基本的に内部にキズが無数にあるもので、これが天然のものかそうでないかを見分けるポイントにもなります。
硬度の高い石ですが、この内部のキズによって割れやすく、指輪の台座にのせるだけで割れてしまうこともあるそうで、「職人泣かせの石」といわれるほどだとか。

エメラルドの美しさはなんと言ってもその色合い♪エメラルドグリーンという色名があるほど、エメラルド=グリーンというイメージが根強いですよね。
エメラルドは5月の誕生石ですが、そのころの新緑がまさにこのエメラルドの色合いにぴったりです!
さらには海の色のたとえとしても有名ですよね。
その美しさにクレオパトラの他様々な人が魅了されてきましたが、驚きなのは「治療薬」としても愛用されていたようです。解毒や肝臓病などに効く万能薬とされていたこともあったそうです。




↓↓ 当店の販売中 エメラルド(翠玉) 商品一覧をじっくりご覧下さい! ↓↓
https://crystal-seian.co.jp/SHOP/111525/111766/list.html



以下は当店で販売した商品です。
現在販売ページに掲載の無い商品も在庫・お取り寄せの確認を致します。
該当商品のURLを添えてお気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせフォーム
https://cart6.shopserve.jp/seian.we/FORM/contact.cgi


商品素材背面より【竜】・【観音】を彫り込んだ「ペンダント」「印材」「六角柱」に関しましては弊社取得の意匠登録商品となります。
同一・類似デザイン商品の開発・販売・無断使用につきましては意匠侵害行為となり、固くお断りいたします。
万が一同様の製品を弊社に無断で販売した場合には、意匠権侵害となり罪に問われますのでご注意下さい。
なお、事前ご相談いただきましたらライセンス供与も検討いたしますのでご遠慮なくご連絡ください。
また商標(誠安)、ロゴにつきましても商標登録により保護されています。無断で使用されますことはくれぐれもご遠慮下さい。

※意匠権の侵害につきまして※
意匠法第六九条により、意匠権または専用実施権を侵害した場合は十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金が科せられます。


  • 【意匠に係る物品】置物(観音)
    【登録番号】意匠登録第1372317号【意匠に係る物品の説明】水晶六角柱に背面より立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】ペンダント(観音)
    【登録番号】意匠登録第1366147号【意匠に係る物品の説明】水晶ペンダントに背面より立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】中彫り観音菩薩印材
    【登録番号】意匠登録第1364176号【意匠に係る物品の説明】印鑑の水晶印材の円周側面に背面から立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】置物(竜六角柱)
    【登録番号】意匠登録第1363895号【意匠に係る物品の説明】水晶六角柱に背面より立体的に昇竜の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】ペンダント(竜)
    【登録番号】意匠登録第1364162号【意匠に係る物品の説明】水晶ペンダントに背面より立体的に昇竜の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】印材(竜)
    【登録番号】意匠登録第1362480号【意匠に係る物品の説明】印鑑の水晶印材の円周側面に正面から立体的に昇竜の図柄を彫り込んだものである。
  • いずれの登録商品についても全て弊社の取得した権利となります。
    【創作者】高橋 誠
    【意匠権者】誠安株式会社