誠安天然石専門店【本店】で取り扱った オニキス(黒瑪瑙) についてアーカイブとしてまとめました。

オニキス(黒瑪瑙)


【アゲート(瑪瑙)】

和名を瑪瑙というこの石は仏教に置いても珍重された、私たちにとって非常に馴染み深い石です。アゲートはカルセドニーの変種で、中でもオニキスやブルーレースアゲート、モスアゲート等が有名ですが、その他にも色は多様にあります。またペアアゲートは龍穴を生み出すとされ、風水的にも良いとされています。

古来より日本は元よりインドやチベットなどで魔よけやお守りとされてきました。失敗や不幸を遠ざけ、勇気を与え、金運や仕事運、成功運とも結び付けてくれるとされています。またいざこざを拝し、家庭円満、安産のお守りともされています。

持ち主の精神を高め円熟にし、行動力も与えてくれるといわれています。心の痛みを癒してくれるなどスピリチュアルな一面も持ち併せたオールマイティな石です。



【ワンポイント情報】

アゲートはざっと並べただけでもオニキス、サードニクス、ブルーアゲート、グリーンアゲート、イエローアゲート、ブルーレースアゲート、モスアゲート、天眼石、カーネリアン、ジャスパーなどなどがあります。縞模様や、レース状、龍の鱗のような模様、眼のような模様などのさまざまな表情が楽しめます。

オニキスの曇りのない漆黒の美しさは、この石の持つ迷いの無い信念を象徴するような強さを表しています。オニキスは自分自身の中心軸をしっかりと安定させる石で、着実に目標を実現するために地に足を着けた行動をするよう導いてくれる石です。また、人生において幾度も降りかかる辛い場面、苦しい 面においてもあきらめず、前に進むための忍耐力や意思の強さを与えてくれる石です。それゆえ、スポーツ選手等の苦しい練習の際のお守り、ダイエット等を耐え抜くためのお守りとしてもオススメです。あきらめずに決めたことをやり遂げるサポートをするオニキスは、成功の象徴とも呼ばれます。達成したい目標などがある方には特にオススメです。オニキスは悪い意味での感情の起伏を押さえてくれる為、夫婦の幸せを保つ石とも言われます。




↓↓ 当店の販売中 オニキス(黒瑪瑙) 商品一覧をじっくりご覧下さい! ↓↓
https://crystal-seian.co.jp/SHOP/111525/111795/list.html



以下は当店で販売した商品です。
現在販売ページに掲載の無い商品も在庫・お取り寄せの確認を致します。
該当商品のURLを添えてお気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせフォーム
https://cart6.shopserve.jp/seian.we/FORM/contact.cgi


商品素材背面より【竜】・【観音】を彫り込んだ「ペンダント」「印材」「六角柱」に関しましては弊社取得の意匠登録商品となります。
同一・類似デザイン商品の開発・販売・無断使用につきましては意匠侵害行為となり、固くお断りいたします。
万が一同様の製品を弊社に無断で販売した場合には、意匠権侵害となり罪に問われますのでご注意下さい。
なお、事前ご相談いただきましたらライセンス供与も検討いたしますのでご遠慮なくご連絡ください。
また商標(誠安)、ロゴにつきましても商標登録により保護されています。無断で使用されますことはくれぐれもご遠慮下さい。

※意匠権の侵害につきまして※
意匠法第六九条により、意匠権または専用実施権を侵害した場合は十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金が科せられます。


  • 【意匠に係る物品】置物(観音)
    【登録番号】意匠登録第1372317号【意匠に係る物品の説明】水晶六角柱に背面より立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】ペンダント(観音)
    【登録番号】意匠登録第1366147号【意匠に係る物品の説明】水晶ペンダントに背面より立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】中彫り観音菩薩印材
    【登録番号】意匠登録第1364176号【意匠に係る物品の説明】印鑑の水晶印材の円周側面に背面から立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】置物(竜六角柱)
    【登録番号】意匠登録第1363895号【意匠に係る物品の説明】水晶六角柱に背面より立体的に昇竜の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】ペンダント(竜)
    【登録番号】意匠登録第1364162号【意匠に係る物品の説明】水晶ペンダントに背面より立体的に昇竜の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】印材(竜)
    【登録番号】意匠登録第1362480号【意匠に係る物品の説明】印鑑の水晶印材の円周側面に正面から立体的に昇竜の図柄を彫り込んだものである。
  • いずれの登録商品についても全て弊社の取得した権利となります。
    【創作者】高橋 誠
    【意匠権者】誠安株式会社