誠安天然石専門店【本店】で取り扱った ルビー(紅玉) についてアーカイブとしてまとめました。

1 2 3 4 5 次へ »

ルビー(紅玉)


【ルビー(紅玉)】
情熱の赤が美しい宝石としてもあまりに有名な石です。コランダム(鋼玉)という鉱物の一種で、クロムが入ることにより赤色に発色します。赤のバリエーションは様々で、ピンクから濃い赤まであり、最高級のものはピジョンブラッド(鳩の血)となります。
ルビーは古代から様々な国で珍重されてきた石です。勝利を呼ぶ石として王族のみならず、ローマ神話の軍神マルスが宿るとして兵士の間でも人気がありました。身に迫る危険を察知し、胆力と勇気を与え、敵や困難に打ち勝つとされています。
燃え上がるようなイメージのルビーですが、洗練された気品と優雅さを兼ね備えているため、[宝石の女王]と表現されることもあります。
また、生命力や富を集め、活力を与えるとされていますので、明るくバイタリティ溢れる生活を送りたい時や、くたびれたと思った時には身につけてみるのもお勧めです。


《《《スタッフのつぶやき》》》
〜ルビー〜

スタッフの鈴木です。
いわずと知れた「宝石の女王」ルビーに憧れる女性は多いかと思います。
ルビーはサファイアと同じ鉱物であるコランダムの変種にあたります。赤い色のコランダムはルビー、そのほかの色のコランダムがサファイアとなります。
コランダムは石硬度がとても高く、ルビーもまたダイヤモンドに次ぐ硬さを誇っています。
ルビーはその高い硬度と磨耗しにくい性質から、高級なレコード針や腕時計などの精密機械の軸受にも利用されています。

ルビーは7月の誕生石としても有名で、その燃える様な色合いはまさに情熱の石!といった趣。
真っ赤、というよりもピンクがかった色合いが多いことも女性から人気が高い理由の一つかと思います。
インカローズも女性に人気の情熱的なストーンですが、個人的には、ルビーはインカローズよりも「女性としてのかっこよさ」を引き出してくれるような印象があります。
はつらつとしていながらも気品さが見え隠れするような、「女性が憧れる女性」のイメージをルビーは持っているような気がします。



↓↓ 当店の販売中 ルビー(紅玉) 商品一覧をじっくりご覧下さい! ↓↓
https://crystal-seian.co.jp/SHOP/113083/113411/list.html



以下は当店で販売した商品です。
現在販売ページに掲載の無い商品も在庫・お取り寄せの確認を致します。
該当商品のURLを添えてお気軽にお問い合わせ下さい!

お問い合わせフォーム
https://cart6.shopserve.jp/seian.we/FORM/contact.cgi


1 2 3 4 5 次へ »
商品素材背面より【竜】・【観音】を彫り込んだ「ペンダント」「印材」「六角柱」に関しましては弊社取得の意匠登録商品となります。
同一・類似デザイン商品の開発・販売・無断使用につきましては意匠侵害行為となり、固くお断りいたします。
万が一同様の製品を弊社に無断で販売した場合には、意匠権侵害となり罪に問われますのでご注意下さい。
なお、事前ご相談いただきましたらライセンス供与も検討いたしますのでご遠慮なくご連絡ください。
また商標(誠安)、ロゴにつきましても商標登録により保護されています。無断で使用されますことはくれぐれもご遠慮下さい。

※意匠権の侵害につきまして※
意匠法第六九条により、意匠権または専用実施権を侵害した場合は十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金が科せられます。


  • 【意匠に係る物品】置物(観音)
    【登録番号】意匠登録第1372317号【意匠に係る物品の説明】水晶六角柱に背面より立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】ペンダント(観音)
    【登録番号】意匠登録第1366147号【意匠に係る物品の説明】水晶ペンダントに背面より立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】中彫り観音菩薩印材
    【登録番号】意匠登録第1364176号【意匠に係る物品の説明】印鑑の水晶印材の円周側面に背面から立体的に観音菩薩の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】置物(竜六角柱)
    【登録番号】意匠登録第1363895号【意匠に係る物品の説明】水晶六角柱に背面より立体的に昇竜の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】ペンダント(竜)
    【登録番号】意匠登録第1364162号【意匠に係る物品の説明】水晶ペンダントに背面より立体的に昇竜の図柄を彫りこんだものである。
  • 【意匠に係る物品】印材(竜)
    【登録番号】意匠登録第1362480号【意匠に係る物品の説明】印鑑の水晶印材の円周側面に正面から立体的に昇竜の図柄を彫り込んだものである。
  • いずれの登録商品についても全て弊社の取得した権利となります。
    【創作者】高橋 誠
    【意匠権者】誠安株式会社